Yuta

記事一覧(7)

売り場改善指導が受けられるマルシェ

こんにちは、大崎マルシェとポケットマルシェとの連携を担当している細越です。もうすっかりお馴染みになりました、大崎マルシェの報告レポートです。私は、生産者のことを考えた場合「ネット上の付き合いではなくリアルの場でも絶対あったほうが良い」と思い、連携の提案から実施をしてきました。もちろん、大崎マルシェの運営者責任者であるムクモト設計株式会社の椋本さんの理解なくしては実現出来なかったことなので、この場を借りて感謝したいです。さて、11月16日(金)、17日(土)に行われた【ポケマル×大崎マルシェ】の様子をみなさまにお伝えしたいと思います。今回ご出店頂いたポケマル生産者さんは、自然栽培米の齋藤さん、ミカン、カキの平野さん、野菜セットの山田さん、養豚農家の倉持さんの4名でした。※金曜日:齋藤さん、平野さん※土曜日:齋藤さん、平野さん、山田さん、倉持さん毎回繰り返しになってしまっていますが、大崎マルシェは【人通りが多いこと】と【売り場改善指導が受けられること】の、大きく2つの特徴があります。大崎駅周辺にはSONYやローソンなどをはじめとする大企業が立ち並ぶオフィス街ですので、朝夕の通勤・帰宅ラッシュは凄まじいものがあります。そのため、JR大崎駅の乗降車数は約16万人、マルシェ開催場所である大崎駅南口改札前は平日平均して約6万人(!)の人通りがあるとのことです。足早に通り過ぎる人が多くを占めることは否めませんが、これだけの人通りがあればマルシェにおいて「売れる機会が多い」ことは簡単にイメージが着きます。また、駅周辺は大規模な集合住宅が中心で、駅から少し離れると住宅街が広がっています。従って連続して出店をしていくことで、大崎駅周辺にお住まいの人が「固定客」に繋がっていく可能性のある売り場です。さて、大崎マルシェの最大の特徴は「売り場の改善指導を受けられる」ことです。商品の見せ方や、プライスカードの作り方など、「地域密着型スーパーで有名な福島屋」にて店舗設計担当のご経験を活かし改善指導してくださいます。詳細は前回のレポートでも詳しくお伝えしていますのでご興味ある方は、こちらご確認してください。今回は実際にどんな改善指導がされているのか写真と共に見ていきましょう。

商品設計が求人に繋がる!? 農業界専門の採用コンサルが販売サポートに関わって気づいたこと。