pokemaruhomma

記事一覧(61)

公開商談で見えた!伊勢丹バイヤーが農家さんに求めること

ポケマルの諸々担当、本間です。さて2C(対一般のお客様)の売場という印象が強いポケマルですが、2B(飲食店や小売などのビジネスのお客様)での活用も少しずつ広がっています。生産者の皆さんにとっても、まとまった量が見込める2B取引は魅力的ですよね。参考記事:白金の名店が選ぶお米とは?<ポケマル飲食店ユーザーインタビュー>では、Bのお客さんはどのようなことを生産者に求めているのでしょうか?それを知るには、バイヤーと呼ばれる方々にお話を聞くのが一番でしょう。今回は、小売業界のトップとも言える伊勢丹新宿店の生鮮売場のバイヤー林さんのお話をお伝えしたいと思います。▼公開商談!伊勢丹の林さんとの出会いは、福島でした。47キャラバン*でもご一緒させて頂いた、福島県の生産者をサポートしている「東の食の会」さん主催のイベント『ふくしまファーマーズキャンプ』に講師としてお邪魔した際に、同じく講師としてご登壇されていました。林さんの講義では、もう一人の講師である株式会社食文化の井上さん(築地市場ドットコム、うまいもんドットコムやdancyuドットコムなどを運営する、食のECの重鎮バイヤーです)とともに、2B取引を実現するため様々なアドバイスや、実際の商談の場である商談会の進め方についての説明が。そして後半には、実際に生産者の皆さんが、お2人に対して自身の生産物をアピールする「公開商談」のセッションが行われました。結構厳しめの「ダメ出し」があったりで生々しいやりとりが繰り広げられました。