pokemaruhomma

記事一覧(59)

公開商談で見えた!伊勢丹バイヤーが農家さんに求めること

ポケマルの諸々担当、本間です。さて2C(対一般のお客様)の売場という印象が強いポケマルですが、2B(飲食店や小売などのビジネスのお客様)での活用も少しずつ広がっています。生産者の皆さんにとっても、まとまった量が見込める2B取引は魅力的ですよね。参考記事:白金の名店が選ぶお米とは?<ポケマル飲食店ユーザーインタビュー>では、Bのお客さんはどのようなことを生産者に求めているのでしょうか?それを知るには、バイヤーと呼ばれる方々にお話を聞くのが一番でしょう。今回は、小売業界のトップとも言える伊勢丹新宿店の生鮮売場のバイヤー林さんのお話をお伝えしたいと思います。▼公開商談!伊勢丹の林さんとの出会いは、福島でした。47キャラバン*でもご一緒させて頂いた、福島県の生産者をサポートしている「東の食の会」さん主催のイベント『ふくしまファーマーズキャンプ』に講師としてお邪魔した際に、同じく講師としてご登壇されていました。林さんの講義では、もう一人の講師である株式会社食文化の井上さん(築地市場ドットコム、うまいもんドットコムやdancyuドットコムなどを運営する、食のECの重鎮バイヤーです)とともに、2B取引を実現するため様々なアドバイスや、実際の商談の場である商談会の進め方についての説明が。そして後半には、実際に生産者の皆さんが、お2人に対して自身の生産物をアピールする「公開商談」のセッションが行われました。結構厳しめの「ダメ出し」があったりで生々しいやりとりが繰り広げられました。

ネット直販における商品設計とは? まず押さえておきたい5つの視点。

こんにちは、ポケットマルシェにご登録頂いた生産者さんの出品サポートをしている細越です。さて生産者さんとお電話をしていると「どこに気をつけて出品すれば良いのかわからない」とよく相談をお受けします。今回の記事では、お電話でもお伝えしているポケマルで出品する際に抑えておきたいポイントをお伝えしたいと思います。▼はじめにお伝えしていること・ユーザー目線を大切にするまず大前提として、ユーザーがどんな人かを知ることが大切とお伝えしています。(ポケマルユーザーがどんな人かは、こちらのアンケート結果をご覧ください。都市に住む40代の働く女性にリピーターが多いという結果になっています)その上で、そのユーザーの気持ちを想像してみてください。どんな気持ちでサイトに訪れているのか、どんな写真やタイトルに興味をそそられるか、普段はどこでどんな買い物をしているのか、などなど。ご自身amazonなどで買い物する方は、普段チェックしているところを想像してみるのも良いかもしれません。当たり前ですがこの「ユーザー目線」は常に立ち返りたいポイントです。・他の生産者から学ぶ具体的なイメージを持つには、事例が一番です。ポケマルでは生産者ランキングを毎月公開しています。ランキング上位の生産者の商品はなにが違うのか、どういった工夫がされているのかなど、自分とは関係ない商品を売っていたとしても参考になる部分がたくさんあります。ぜひ生産者ランキングをチェックしてみてください。また、実際にポケットマルシェでユーザーとして購入してみることもオススメしています。▼商品設計の5つの視点・伝えたい「魅力」をタイトルに込めましょうタイトルは商品の「魅力」を一言で伝えるものです。スーパーではなく、他の出品者でもなく、あなたから購入する理由はなんでしょうか?魅力とは、言い換えるならその理由です。例えば【希少性】【規格外の大きさ】【数量限定】などと商品そのもののに魅力が込められる場合もありますし、【元営業マンが作った】【シェフ大絶賛】【四代目の自信作】などの人にフォーカスして魅力を伝えても面白いですよね。ぜひこの機会にあなたの商品の「魅力」を考え、タイトルに反映してみてください。なお、ポケットマルシェの商品タイトルはスマートフォンからだと全角22文字、PCからだと全角26文字がホーム画面で表示される文字数です。魅力がたくさんある場合も詰め込み過ぎず1つだけ選んで、タイトルに凝縮して、最大限のアピールをしましょう。