"メリットは送料だけではありませんでした"|西田栄喜さん/無農薬野菜 風来


「ポケットマルシェは面白そうな仕組みと聞くけど実際のところどうなの?」

そんな皆様の声にお応えするべく、この度実際に利用いただいている生産者の方にインタビューを行いました。今後も様々な生産者の方にインタビューを実施し、掲載してゆきます。ぜひご覧くださいませ。


無農薬野菜 風来/西田栄喜さん/石川県


石川県能美市で日本一小さい農家・風来の源さんこと西田栄喜と申します。どのくらい小さいかというと耕地面積30アール、サッカーコートの半分ぐらいになります。少量多品種で野菜を作っておりまして、今は個人のお客さんに直販でお野菜を販売しています。2012年より無農薬・無肥料栽培(炭素循環農法)にチャレンジしています。

もともとはサービス業界で働いていたということもあり、お客さんとやりとりを行うのが好きです。ネット販売にも力を入れており、ほとんどのお客さんはネットでお野菜の注文をしてくれているのが現状です。これからは地元で買いに来てくれるお客さんを増やしたいなと考えてもいますね。


【ポケマルとの出会いは?】

そもそもの大きなきっかけは「配送会社の送料値上げ」です。ポケマルさんは送料が安いため利用を開始いたしました。

ただ使い始めて思ったのは、単なる送料の安さだけがポケマル利用のメリットではないことに気付きました。お客さんの声が聞けるということが今では大きなメリットとして感じています。ありがたいことに私の場合は野菜セットを昔から購入してくださる常連の方が多いのですが、ポケマルを利用することで新規のお客さんともつながれ、そして声を聞くことができます。ポケマルのコミュニティは1対1のやりとりが基本なのですが、そのコメントを他のお客さんも見ることができますよね?だからこそお客さん同士のつながりの連鎖も生まれやすくなる、そう考えています。


【今後ポケマルに期待することは?】

もっともっと新しいお客さんにお会いしてみたいです。今まではお味噌やぬか漬けセットを主に販売しておりましたが、野菜・野菜セットも販売してみたいなと思っています。

そして、ぜひコミュニティでお客さんと会話し、仲良くなり、私が開催するイベントや料理教室などに参加いただきたいと思います!実際に現場に訪れていただきたいなと思っています。ポケマル代表の高橋さんのおっしゃる「関係人口」ですね。(笑)

ちょっと前から「知域」という言葉を使うようになりました。少し前まで「地域」、つまり距離の近さと精神的的近さは比例していたのですが、今はネット、SNSなどの発達により、距離は離れていても精神的な距離が近い関係ができるようになりました。声をかけていただけるのは生産者にとって何よりの励みになります。まさにこの「知域」を広げる場こそポケマルなのではないかと思っています。

かかりつけの医者や弁護士のようにかかりつけの農家をポケマルでみつけてもらえればと思います。



西田栄喜 | ポケットマルシェ

【自称日本一小さい農家、源さんです!】石川県で自称日本一小さい農家(農地面積約30アール・サッカーコートの半分くらい)をやっております風来の通称・源さんです。多くの人が畑を渡る風のように沢山来ていただいければという想いを込め、店名を風来としました。 2012年より無農薬・無肥料栽培(炭素循環農法)にチャレンジしています。【バーテンダーから農家へ。農家は究極のサービス業。】バーテン・ホテルマンを経て1999年に独立農家へ。母親から引き継いだ漬物(最初はキムチ)に合った野菜、また品種、育て方をするという川下の発想からスタート。そんなサービス業の視点でみると農に可能性を感じたことが主な理由ですが、農家になってみて価値観が大きく変わりました。今、命の元である食を育てている農は究極のサービス業であると確信しています。【こんなところで農家をしています】石川県南部に位置する能美市が風来のあるところ。石川県は平地でできるりんごの南限、レモンの北限と言われるくらい何でも育てることが出来少量多品種に向いたところ。そして霊峰白山のおかげで夏でも水が枯れることなく台風から守ってくれます。農家になる前は何もないところだと思っていたのですが今は必要なものは何でもあると生まれ育った能美市がとても好きになりました。【お伝えしたいこと】どんなに安全でおいしくても続けていけなければ意味がないということで風来のコンセプトは「毎日食べ続けられる味と価格」になります。2016年2月に「小さい農業で稼ぐコツ」(農文協)http://goo.gl/kVtnDW同9月に「農で1200万円!」(ダイヤモンド社)https://goo.gl/vaqFu1から本を出させていただきました。小さい農家、かかりつけの農家、それらを支えてくれる人が増えてくれればと思っています。本の内容詳細はこちら (^ ^ゞ「小さい農業で稼ぐコツ」(税込み1836円)単行本(ソフトカバー): 144ページ、出版社: 農山漁村文化協会 (2016/2/5) バーテンダー、ホテルマンを経て「日本一小さい専業農家」(耕地面積30a)に。1年を通じて野菜を野菜セットと漬物にしてネットを中心に販売。その野菜つくり・加工の技と売り方のコツを惜しげもなく公開。「今の日本をしたたかに幸せに生きる」をテーマに命の価値観からみた農のよさ、実際が書かれています。

poke-m.com

思いが伝わる直販プラットフォーム。農家・漁師のみなさまはこちらから|ポケットマルシェ

ポケットマルシェは、全国の農家・漁師が出店する、ネット上のマルシェです。生産者が誰でも簡単に出品できる仕組みをつくりました。