Nosetani

記事一覧(2)

生産者と消費者が繋がっていくコミュニティの事例と在り方

こんにちは。ポケットマルシェの生産者サポートをさせて頂いておりますノセタニと申します。天候の移り変わりが大きい季節ですが、徐々に春の足音も聞こえ、私の周辺では梅の花が満開を迎えています。いよいよ花より団子の私の胃袋がなりだす季節となりました。私自身、春の問題は花粉症ですが、実は先日アレルギーの判定検査を受けてみたところ、アレルギーは全くなしとの判定が出ました。ここ4−5年ほど、自分は花粉症だと思い込んでいた事が虚しくもあり、また定期的に外部の客観的な意見を求める事で意外に自分が問題だと思っていた事が解決されることってたくさんあるんだと感じ反省しました。 さて、少々私の小話が長引きましたが、今回は冒頭のテーマでマガジンを進めていきたいと思います。私は、日本と米国拠点でこれまで両国並びに北米、中南米、オセアニア、中国、ヨーロッパなどの農産物流通に携わってきました。国際貿易ですので、物量は大きく、基本的には日々数十トン〜百トンの輸出、数百〜数万ヘクタール級の大規模生産者との関わりが多かったのですが、ここでは特に私の米国での生活の中で経験し感じたことを書かさせていただきます。 インターネットの普及とともに様々なSNSが出現し、これまでネットにアプローチしづらかった人たちが様々なプラットフォームを容易に、且つ安価(時には無料で)で利用できる時代になりました。そういったことで、情報発信を行いこれまで関われなかった人たちとの交流ができるようになりました。一方で、やはり人と人、いわゆるオフラインの活動も引き続き活発に行われています。その具体例としてはファーマーズマーケットとCSA(Community-Supported Agriculture)、直売所があげられるのではないでしょうか。直売所に関しては、日本において既にある程度成熟度が高まったチャネルと言えると思います。集客しかり、裏側でのオペレーションの構築しかり、既に全国でおそらく1兆円を超えるチャネルとなっているのではないでしょうか。(*1)筆者もほそぼそと直売&投げ銭スタンドで野菜を売っていました。(クッキーも。妻の作るフィナンシェが人気でした)手書きの値札、空調無し、セキュリティーゼロの空き缶、それでも実際には値札以上の金額がいつも入っていた事に当初戸惑いました(笑)。下がその画像で、一応周りに花の種をまき、少しでも見栄えする努力が涙ぐましいです!その下の画像は荒れ地を整理してできた完全DIY自動潅水トマト&きゅうり栽培ハウスです(笑)。